諦めていたほうれい線。美容外科なら消すことができます。

引き締めレーザー

しわ

「メスで切らずに」「簡単に」「痛い思いをせずに」ほうれい線を消す方法をお探しなら、引き締めレーザー治療がオススメです。
美容外科や美容皮膚科には、ダイオードレーザーと高周波エネルギーのダブル効果で、お肌を引き締められる医療機器があります。
従来のレーザー治療では、皮膚の浅い部分までしか効果を与えることができませんでした。ですが、二種類のエネルギーを組み合わせることによって、皮膚の深部にある真皮と呼ばれる層にまで、熱エネルギーを与えることができるようになったのです。

レーザーと聞くと、シミやほくろの除去に使うイメージがあるかもしれません。ですが、ここで使う引き締めレーザーは、たるみ、シワ、毛穴といった身近な肌トラブルの改善に効果を発揮します。
真皮に届いた熱エネルギーは、コラーゲンの生成に関わる細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促してくれます。言うまでもなく、コラーゲンは、美肌づくりに欠かせない重要な成分です。
私達の体は、自らコラーゲンを造り出す機能を持っていますが、それは年齢を重ねるにつれ、衰えていきます。そこに引き締めレーザーを照射すれば、コラーゲンの生成力がアップして、ツヤとハリのあるお肌を取り戻すことができるというわけです。お肌がピンと張るようになれば、顔のシワやほうれい線を消すことができます。また、お肌の老化の予防にもつながります。
なお、引き締めレーザーはお肌の自己再生能力を高めるという方法なので、体に薬剤などを入れることに抵抗がある人でも、安心して受けることができるでしょう。

シミやほくろの除去のように強いレーザーを当てるわけではないので、麻酔は使用しないのが普通です。麻酔なしでも、痛みを感じることはほとんどありません。
レーザーを照射した後、人によっては、多少のかゆみを感じることがあります。そんなときは、氷や保冷剤で冷やせば和らぎます。
なお、施術を受けた当日からお風呂、洗顔、メイクも可能なので、普段と同じように過ごすことができます。ただし、レーザーを照射してからしばらくの間は、紫外線への抵抗力が弱くなるので、毎日欠かさず日焼け止めクリームを塗って肌をガードすることが大切です。