諦めていたほうれい線。美容外科なら消すことができます。

再発を阻止する

めくる

美容外科や美容皮膚科で治療を受ければ、ほうれい線やシワを軽減することができます。
ですが、その効果を維持するためには、治療を受けた後のセルフケアが大切です。
日頃からスキンケアや生活習慣を意識して、肌をより若々しく保つための努力を怠ってはいけません。

ほうれい線やシワができにくい肌を保つためには、紫外線から肌を守ることが大切です。
紫外線は、コラーゲンやエラスチンの生成を妨げ、肌をたるませる原因となるからです。季節や天気に関係なく、毎日UV効果の高いクリームや化粧品を使って、紫外線をブロックしましょう。
なお、屋内だからと言って油断はできません。紫外線は窓ガラスを通過して、私達の肌を攻撃してくるからです。屋内外を問わず、きちんとケアしましょう。

次に、気をつけなければいけないのが、生活習慣です。
年を取ると、若い頃に比べて、肌の再生能力は衰えてくるものです。つまり、年を取っても若い肌を維持するためには、若い頃以上に気を遣う必要があります。
例えば、若い頃のように夜更かししていては、肌は一気にダメージを受けてしまいます。ただでさえ再生能力が衰えているのに、睡眠不足でホルモンバランスが乱れると、肌が再生する暇がありません。
また、適度な運動や栄養バランスを整えることも大切です。生活習慣から見直して、ほうれい線が再び目立ち始めることを阻止しましょう。