諦めていたほうれい線。美容外科なら消すことができます。

お肌の悩みナンバー1

ほうれい線

ほうれい線は、老け顔を作る原因の1つです。
ほうれい線とは、小鼻から口の両端にかけて左右に伸びる線のことです。国民的テレビアニメのサザエさんでは、サザエさんの顔に目立った線はありませんが、母親であるおフネさんの頬にはしっかりとほうれい線と思われるラインが描かれています。
もし、おフネさんの顔からそのラインを消したら、一気に若く見えてしまうことでしょう。サザエさんと同じ髪型をすれば、見分けがつかなくなってしまうかもしれません。そのくらい、ほうれい線は人を老けさせてみえるものなのです。

厳密に言うと、ほうれい線はシワではありません。ですが、年を取るとはっきり現れてくるので、一般的にはシワと認識されていると思って良いでしょう。シワは顔の年輪とも呼ばれます。長く生きてきたことの証として、誇りに思う人もいるかもしれません。
ですが、少しでも若々しくありたい人にとって、やはり顔のシワは1本でも少なくしたいものです。ですが、それを消すのはそう簡単なことではありません。
年齢を重ねるにつれ深く刻み込まれるようになるので、放置している限り、自然に消えることはめったにありません。

ほうれい線を消すためには、美容外科や美容皮膚科の施術を受けるのが一番です。
美容外科や美容皮膚科には、顔にできたシワを消したり、たるみを引き上げたりする方法がたくさんあります。美容外科だからと言って、必ずしもメスを使うわけではありません。
有効成分を注入したり、切らずに糸を使って手術したり、専用の美容機器を使ったりと、様々な方法でほうれい線を消すことができるのです。
プチ整形なら、痛みも腫れも少なく費用も安いので、気軽に受けることができるでしょう。
ほうれい線に悩んでいるのは、あなただけではありません。ある調査によると、ほうれい線は、30~50代女性のお肌に関する悩みナンバー1になっているのです。
そのため、美容外科や美容皮膚科には、ほうれい線に悩む女性がたくさん訪れます。それだけ、美容外科や美容皮膚科のドクターには治療実績があるということです。大船に乗ったつもりで、施術を受けてみましょう。